外食ドットビズ

トピックス

WDI、「カプリチョーザ」の新業態「1978年渋谷で生まれたスパゲティ」をオープン
“懐かしさと新しさが共存する、深化するスパゲティ専門店”が10月に下北沢で誕生!

 WDI JAPANは、カジュアルイタリアン「カプリチョーザ」の新業態として「1978年渋谷で生まれたスパゲティ」を開発し、今年10月に東京・下北沢にて第1号店をオープンすると発表した。
 「1978年渋谷で生まれたスパゲティ」のテーマは、1978年、カプリチョーザ創業の地である渋谷で生まれ、以来、不動の人気ナンバーワンを誇る人気メニュー「トマトとニンニクのスパゲティ」。ニンニクのスパゲティというと、オリーブオイルと唐辛子を使ったアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノが代表的だが、カプリチョーザでは、トマトソースがベースとなっており、他では味わえない濃厚な味が人気のカプリチョーザの代名詞にもなっているメニューだ。“かつての若者”が青春時代を思い出し、“いまの若者”には深く心に刺さる「他にはない」おいしさ。このおいしさを突き詰め、こだわり尽くし、深化させ続けていく。そんな想いを込め、「1978年渋谷で生まれたスパゲティ」と名付けたという。
 同店では、カプリチョーザの財産ともいえる、イタリア産のトマトを使用して仕込むトマトソースを用いて仕上げる、インパクトのある力強い味わいの「トマトとニンニクのスパゲティ」を基軸に、その味わいを大切にしながら、カジュアルに、クイックに楽しめるよう、カウンター提供をメインに店舗をレイアウト。そして、スムーズなオーダー提供を実現するため、完全キャッシュレス決済を導入する。ロゴマークも「カプリチョーザ」のアイデンティティーを意識しながら、ノスタルジーとコンテンポラリーが共在するデザインにクリエイトした。
 

(外食.Biz)
2021年09月08日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る