外食ドットビズ

トピックス

スシロー、「PickGo」の受取りサービスと連携を強化し「スシローの宅配」を本格始動
すしの値段は店頭価格のままで単品から注文ができるデリバリーサービスを9都府県の281店舗で

 あきんどスシローが運営する「スシロー」は、「PickGo」の受取りサービスと連携を強化し、「スシローの宅配」と名称を改め7月22日より本格的に始動した。
 「スシローの宅配」は、すしの値段は店頭価格のままで単品から注文ができるデリバリーサービス。世の中の状況が劇的に変化し、飲食シーンにおいて外食の在り方が変わる中で、スシローでは“うまいすし”を家庭でも気軽に楽しんでもらうために、テイクアウト事業を強化している。その取り組みとして、全店におけるテイクアウト対応、インターネットによる注文受付のほか、一部店舗にて「自動土産ロッカー」の導入を順次進めている。これらに加え、デリバリーの対応店舗も増やしており、現在6つのサービスを導入し、全国の449店舗で利用できるようになっている。
 今年の2月に「PickGo」の受取りサービスを導入し、ドライバーへの配送距離に応じた配送料で商品を届けることができるようになった。今回、「PickGo」との連携を強化し、「スシローの宅配」と名付けサービスを開始した。7月22日からは、首都圏1都3県や大阪府・愛知県・福岡県に加え、新たに兵庫県・京都府の40店舗が追加された。
詳細:https://www.akindo-sushiro.co.jp/takuhai/
 

(外食.Biz)
2021年07月28日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る