外食ドットビズ

トピックス

トリドールホールディングス、徳島県などと4者による包括連携協定を締結
農畜水産物を中心とした地域資源の振興および「とくしまブランド」の付加価値化の推進

 トリドールホールディングスは、7月20日に、徳島県、全国農業協同組合連合会徳島県本部(JA全農とくしま)、とくしまブランド推進機構との包括連携協定を締結したと発表した。
 本包括連携協定は、同社と徳島県、JA全農とくしま、とくしまブランド推進機構の4者が、相互の資源を有効に活用し、緊密に協業・連携を図ることで、農畜水産物を中心とした地域資源の振興および「とくしまブランド」の付加価値化の推進による持続可能な地域社会をつくることを目的としている。
 本包括連携協定に基づく協業事業は、「徳島県産品の販路拡大・販売促進に関すること」「地産地消・食育の推進に関すること」「地域に密着した情報発信に関すること」「福祉の充実・健康増進に関すること」「災害時における応急対策に関すること」「子ども・青少年の健全育成に関すること」「環境首都とくしまの実現に関すること」「その他地域活性化に関すること」などとなっている。
 今後は、同協定に基づき、徳島県を代表する特産品「すだち」を使用したメニューの開発・展開の強化をはじめ、子ども向けうどん教室を通じた食育活動、災害時における支援物資等の供給など、様々な取り組みを検討していくという。
 

(外食.Biz)
2021年07月26日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る