外食ドットビズ

トピックス

鎌倉パスタ、こだわり素材は「ブッラータチーズ×トリュフ」と「渡り蟹×ずわい蟹」
素材にスポットを当てた「極みパスタシリーズ」第3弾の販売を7月20日より開始

 サンマルクホールディングスグループの鎌倉パスタは、全国の「鎌倉パスタ」のロードサイド店舗を中心に40店舗にて、素材にスポットを当てた「極みパスタシリーズ」の販売を7月20日より開始した。
 「極みパスタシリーズ」の第3弾となる今回は、「イタリア産ブッラータチーズのボロネーゼ トリュフ添え」と「渡り蟹とずわい蟹のイセエビソース イクラをのせて」(各1,749円/税込)の2種類。「極み-生パスタ」の主役は何といってもその素材。今回用意した素材は、イタリア産ブッラータチーズと黒トリュフ、そして渡り蟹とずわい蟹のコンビネーション。ボリューム感に加え、素材の良さを最大限に引き出すためにソースの組み合わせも試行錯誤を重ねた逸品となっている。
 目の前にサーブされた瞬間、まず目に飛び込んでくるのは中央に鎮座するブッラータチーズ。同時にトリュフの香りが鼻孔をくすぐる。そんな「イタリア産ブッラータチーズのボロネーゼ トリュフ添え」は、ブッラータチーズにナイフを入れると切れ目からモッツァレラと生クリームがジュワっと溢れだし、口に運ぶとバターを思わせるような濃厚さとクリーミーさ、そしてモッツァレラの独特の食感が、濃厚なオリジナルミートソースと相性抜群。
 一方、「渡り蟹とずわい蟹のイセエビソース イクラをのせて」は、存分に蟹を堪能できる贅沢パスタ。ワタリガニを1杯まるごと使用し、より旨みを引き出すために豪快に甲羅を半分にカットして煮込み、仕上げにズワイガニのほぐし身を加えた。いくらのプチプチ食感がアクセントとなり食欲をそそるとともに、2種類の蟹の風味に負けない濃厚でリッチなイセエビソースも自慢の一品。
 

(外食.Biz)
2021年07月21日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る