外食ドットビズ

トピックス

「食創造都市 大阪推進機構」、寄付を募るクラウドファンディングを開始
医療従事者・飲食店どっちも応援プロジェクト「困った時ほど美味しいものを!」にて

 「食のまち・大阪」の発信を目的に、大阪商工会議所と大阪観光局が共同で立ち上げた「食創造都市 大阪推進機構」は、「困ったときほど美味しいものを!」プロジェクトにおいて、個人からの寄付を募るクラウドファンディングを開始した。
 「困ったときほど美味しいものを!」プロジェクトは、コロナ禍で厳しい状況に置かれている医療従事者と飲食店の両方を支援する取り組みで、昨年7月に開始。協賛金をもとに飲食店から食事を買い取り、医療従事者に対し無料で提供する。医療従事者にミシュラン星つきレストラン等のシェフによる美味しい食事を提供するだけでなく、休業や営業時間の短縮要請など、厳しい経営環境に置かれている飲食店に対しても、売上確保による経営支援や、社会貢献によるモチベーション向上にもつなげていく。また、食の街大阪として、今後、その他の有事の際にも美味しい食を提供するインフラの構築を目指す。現在は、大阪コロナ重症センターの医療従事者を中心に、協賛金をもとに、週1回の頻度で、「幽玄」や「楽心」などの美味しい食事を提供している。
 今回、法人・団体からの協賛金だけでなく、個人からの寄付をクラウドファンディングで募ることで、活動資金の確保を目指す。なお、クラウドファンディングは2月に続き今回で2回目となる。
クラウドファンディング専用ページ:https://camp-fire.jp/projects/view/438273
 

(外食.Biz)
2021年06月09日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る