外食ドットビズ

トピックス

ホットペッパーグルメ外食総研、一人での外食の実態についてアンケート調査
過去1年の実施者は45.9%。利用業態最多は「ラーメン、そば、うどん、パスタ、ピザ専業店」

 リクルートの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、首都圏、関西圏、東海圏に住む20~69歳の男女を対象に、2020年4月~2021年3月における一人での外食の実態についてアンケート調査を実施した。
■過去1年の「一人外食」実施者は45.9%。最多は30代男性、最少は60代女性
 まず、2020年4月~2021年3月の1年間で、「一人外食」をしたことのある人は45.9%で、うち3.7%の人は初めて「一人外食」をした人であった。初めての人のうち、1.4%は「コロナ禍を契機に初めて一人で外食をした」、また、2.3%は「コロナ禍とは関係なく初めて一人で外食をした」であった。
 性年代別では、女性よりも男性で「一人外食」が多い傾向で、最多は30代男性で60.1%、最少は60代女性で24.7%であった。この1年で初めて「一人外食」をした最多は20代男性で7.6%であった。
■「一人外食」で利用が多い業態は「ラーメン、そば、うどん、パスタ、ピザ等の専業店」
 「一人外食」で利用した業態では、最多は「ラーメン、そば、うどん、パスタ、ピザ等の専業店」(54.9%)、以下、「ファストフード」(50.8%)、「牛丼、カレー等、一品もの専売業態」(46.2%)が続いた。1位の「ラーメン、そば、うどん、パスタ、ピザ等の専業店」と3位の「牛丼、カレー等、一品もの専売業態」や「中華料理店」「立食のラーメン、うどん、そば業態」は男性の利用が多く、2位の「ファストフード」や「喫茶店・カフェ」は女性の利用が多かった。業態による利用顧客の男女差が目立つ結果であった。
■初めて利用した業態の最多も「ラーメン、そば、うどん、パスタ、ピザ等の専業店」
 この1年で「一人外食」として初めて利用した業態を聞いた。全体的にスコアは小さいが、1位は「ラーメン、そば、うどん、パスタ、ピザ等の専業店」(7.3%)で、2位「ファミリーレストラン、回転すし等」(5.7%)、3位「ファストフード」(4.9%)であった。「ラーメン、そば、うどん、パスタ、ピザ等の専業店」は、20・50代男性の初利用が多く、「ファミリーレストラン、回転すし等」は20代男女と60代女性の初利用が多く、「ファストフード」は20・50代男性の初利用が多かった。
■「一人外食」の割合が増えた理由に「コロナ禍」が大きく関係
 今回、過去1年で「一人外食」が「増えた」「やや増えた」と回答した人が、調査対象の約1万人中で1,025人(補正後人数、10.2%相当)であった。増加した理由を聞いたところ、トップ3は「コロナ禍」に関係する理由であった。最多は「外食に人を誘いにくいから」(43.6%)で、次いで2位「外食に誘われる機会が減ったから」(31.6%)、3位「自分が感染することが不安だから」(30.0%)であった。「外食に人を誘いにくいから」の回答は40代男女や50代女性で多く、「外食に誘われる機会が減ったから」の回答は60代女性で多く、「自分が感染することが不安だから」の回答は30・40代男性や50代女性で多かった。

【調査概要】
調査方法:インターネットによる調査 
調査時期:4月1日~4月12日
調査対象:首都圏、関西圏、東海圏に住む20~69歳の男女(マクロミルの登録モニター)
有効回答数:10,089件
 

(外食.Biz)
2021年06月04日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る