外食ドットビズ

トピックス

安楽亭、グループ5業態321店舗で映画「100 日間生きたワニ」とのコラボフェア開催
ストーリーやセリフにちなんだメニューを用意!注文するとオリジナルクリアファイルプレゼント

 安楽亭は、同社が運営する焼肉レストラン「安楽亭」「七輪房」と、グループ会社であるアークミールが運営する「ステーキのどん」「しゃぶしゃぶすき焼 どん亭」「フォルクス」の5業態321店舗にて、映画「100 日間生きたワニ」とのコラボフェアを5月17日~6月30日の期間で開催する。
 本コラボは、映画「100 日間生きたワニ」の公開を記念して安楽亭グループを挙げて開催。例えば、「安楽亭」と「七輪房」では、原作「100日後に死ぬワニ」のストーリーの中に登場する「もしもの時の備蓄肉」をイメージした「もしもの時のラムチョップ」(2本セット1,078円~)や、主人公のセリフ「でっけー」にちなんだ「でっけー!!ガリバタミスジステーキ」(979円)などを販売。これら作品をイメージしたメニューは、単品だけでなく、コラボ限定食べ放題「ハッピーコース」でも楽しめる。なお、コラボメニュー注文者には、オリジナルクリアファイルをプレゼントする。
 また、SNSキャンペーンも同時開催。安楽亭、映画「100 日間生きたワニ」両方の公式Twitterをフォローして、指定のハッシュタグとともに安楽亭のコラボメニューの写真を投稿すると、抽選で「上田慎一郎監督&ふくだみゆき監督と原作者きくちゆうきさんサイン入りポスター」等をプレゼントする。
 

(外食.Biz)
2021年05月17日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る