外食ドットビズ

トピックス

読売新聞社と日本マクドナルドが「マックデリバリーサービス」で連携
読売新聞の販売店がマックデリバリーを受託し自宅やオフィスにお届け!

 読売新聞グループ本社と日本マクドナルドは、読売新聞の販売店(YC)による配達網を活用し、YCスタッフが、マクドナルドが実施する「マックデリバリーサービス」を担い、マクドナルドの商品を届ける取り組みを全国で進めていくこととした。
 これまでYCは、首都圏や兵庫県の一部店舗で先行してマックデリバリーサービスを受託してきたが、4月からは1都1府7県のマクドナルド約70店舗(4月末時点)に広げ、その後、全国の店舗に順次展開していく予定。
 「マクドナルド」は、2010年より“いつものおいしさ”を自宅やオフィスに“できたてのまま”宅配するサービスとしてマクドナルドクルーが商品を届ける「マックデリバリーサービス」を開始し、現在では全国の約760店舗にて実施している。一方、YCは、全国に約6,700店あり、日々家庭に新聞を届けている。今回の連携は、マクドナルドのデリバリーサービスを、地域を知り尽くしたYCのスタッフが担うことで、より多くのユーザーに安心、安全にマクドナルドの食事を楽しんでもらうことを目的としている。
 

(外食.Biz)
2021年05月01日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る