外食ドットビズ

トピックス

ぐるなび、飲食店経営サポート企業へ!「店舗開発事業」を本格始動
第1弾として「CenTerrace TENMONKAN(センテラス天文館)」との協業を開始

 ぐるなびは、「飲食店経営サポート企業」への進化の一環として、飲食店と商業施設をつなぎ、「食」による継続的な賑わいの場を創出する新事業「店舗開発事業」を本格的に始動。まずは、鹿児島・天文館にて2022年春にオープン予定の「CenTerrace TENMONKAN(センテラス天文館)」との協業を開始する。
 本事業は、同社が持つ飲食店ネットワークと蓄積された飲食に関するデータを活用し、商業施設の飲食エリアにおいて、コンセプト設計から飲食店誘致、店舗構築、フロア運営まで総合的にプロデュースをする事業。予約台帳システム「ぐるなび台帳」やマルチ決済サービス「ぐるなびPay」といった飲食店の業務支援ツールを通じて、出店する飲食店の売上状況の分析やデータマーケティングを行うなど、同社ならではの食とITの知見やノウハウを活かし、総合的に飲食店および商業施設を支援することで「食」による継続的な賑わいの場を創出していく。
 日本ショッピングセンター協会の調べによると、ショッピングセンターの年間売上は減少傾向にあり、2020年は前年比22.1%減。一方で、ショッピングセンターにおける業態別テナント数は飲食やサービス業態の構成比が年々増加傾向にあり、食による集客力が求められていることがわかる。また、飲食店においても、テレワークの普及などにより消費者の生活様式が変化する中で、店内飲食にとどまらず収益源の多角化が課題となっている。このような状況から、飲食店と商業施設双方の売上向上に貢献することを目的に、本事業の立ち上げに至ったという。同社が、飲食店へ立地紹介や運営フォローを行うことにより、事業規模を問わず、飲食店経営者へ出店機会を創出すると同時に、商業施設にとっても、これまでは誘致が困難であった中小規模の飲食店や地方で伸長・活躍している飲食店などを誘致することが可能になる。
 

(外食.Biz)
2021年04月28日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る