外食ドットビズ

トピックス

NY発の老舗ステーキハウス「Peter Luger Steak House」が日本に初上陸
サッポロ不動産が保有する恵比寿ガーデンプレイス向かいの物件にて今年9月にオープン

 サッポロ不動産開発は、今年の9月に、恵比寿ガーデンプレイス向かいに保有する渋谷区恵比寿4丁目の物件にて、130年の歴史を誇るニューヨークのステーキハウス「Peter Luger Steak House(ピーター・ルーガー)」の日本初の店舗となる「Peter Luger Steak House Tokyo」のオープンが決定したと発表した。なお、運営は日本国内における独占契約を締結したワンダーテーブル社が行う。
 「Peter Luger Steak House」は、NYブルックリンにて1887年に創業した老舗ステーキハウス。NYのステーキハウスで唯一ミシュランスターを獲得するなど、名だたるステーキハウスの最高峰として知られている。肉は、米国農務省(USDA)によって格付けされた最上級のプライムビーフを使用。独自のドライエイジング手法で熟成。旨味や香りが増し、より柔らかくなった肉をカットし、専用のブロイラーで焼き上げる。なお、この「熟成肉」を世界に広めたのは同店とも言われている。
 看板メニューは、フィレとニューヨークストリップ(サーロイン)の両方が味わえるTボーンステーキ「ポーターハウス・ステーキ」。焼き上がった肉に溶けたバターを乗せ、皿の上でカット。再びブロイラーに入れ、数分間焼いたのちにゲストのテーブルへ。この工程を経て提供するステーキは、しっかりとした噛みごたえと、噛めば噛むほど旨みが出る唯一無二の味わいとなる。
 店舗は、ブルックリン本店を彷彿とさせるレンガ外壁の造りと、恵比寿ガーデンプレイスの景観とが相まって、まるで異国の地に足を踏み入れたかのような雰囲気を感じられる。同社では、その雰囲気と本場の味わいで、恵比寿のまちを訪れる人々に少しでも海外旅行気分を味わってもらいたいとしている。

【Peter Luger Steak House Tokyo】
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-19-19
開業日:2021年9月(予定)
席数:全241席(1F:67席、2F:104席、3F:70席)
 

(外食.Biz)
2021年04月20日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る