外食ドットビズ

トピックス

トリドールHD、香港で人気のヌードル業態「譚仔雲南米線」を中国本土に初出店
深?市に「Wong Tee Plaza Store 店」と「East Pacific Mall 店」の2店舗をオープン

 トリドールホールディングスは、グループ企業のTam Jai International Co. Limitedを通じ、香港で人気の米粉麺のヌードル業態「譚仔雲南米線」が中国本土に初進出し、深?市にて「Wong Tee Plaza Store 店」を4月9日に、「East Pacific Mall 店」を4月14日に新規オープンしたと発表した。
 香港で人気を誇るヌードルチェーン「譚仔雲南米線」は、米粉麺の食感とスパイシーなスープ、選べる多彩な具材や辛さのバリエーションに、一杯約450円の手ごろな価格帯が特徴で、幅広い世代から人気を獲得している。兄弟ブランドの「譚仔三哥米線」と共に、Tam Jai グループ合計で 149店舗(4月15日現在)を展開し、香港No.1のQSR(クイック・サービス・レストラン)ブランドの評価を得ている(2020年:AC Nielsenブランドエクイティ調査)。昨年10月には、グループ初の海外店舗として、「譚仔三哥米線」をシンガポールに出店している。
 今回出店した中国南方エリアは、中国麺の中でも米粉麺がよく食べられる地域で、また、深?市は香港に隣接しているため地理的な距離や市場性が近いことから、中国本土初の出店立地として選定。コロナ禍でのオープンとなったが、初日から若い人を中心とした幅広い層の多くの人が来店し、テイクアウトも好評を得たという。
 なお、中国本土ではブランド名を「譚仔米線」に変更し展開していく。

【譚仔雲南米線 Wong Tee Plaza Store 店】
所在地:L1-7, Wong Tee Plaza, 118 Fu Hua 3rd Road, Fiona Tian District,Shenzhen City, Guangdong Province, China.
【譚仔雲南米線 East Pacific Mall 店】
所在地:EPMALL, 7888 Shennan Avenue, Futian District, Shenzhen
 

(外食.Biz)
2021年04月19日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る