外食ドットビズ

トピックス

キープ・ウィルダイニング、ネオ大衆居酒屋「カツオスタンド町田店」をオープン
古き良き昭和の雰囲気が醸し出す“美味しさとあたたかさ”を現代版にリバイバル

 キープ・ウィルダイニングは、東京・町田にて、“あたたかい手作りの食堂を現代風に”がコンセプトの新と旧の融合を愉しむネオ大衆居酒屋「カツオスタンド」を4月1日にグランドオープンした。
 古き良き昭和の雰囲気が醸し出す“美味しさとあたたかさ”を現代版にリバイバルしたのがネオ大衆居酒屋。「カツオスタンド」は、コロナ自粛の影響でランチ営業だけ先駆けでオープンしてきたが、今回、満を持してグランドオープンすることとなった。

 真っ赤な見た目が特徴の「しびれ麻婆豆腐」(693円/税込)は、風味豊かな花山椒たっぷり散りばめられたソースは丼から溢れた状態で提供される。辛くて旨くてクセになる一品だ。その他、イカ墨ベースの特製真っ黒ソースを使用した「黒焼きそばと麻婆丼の定食」(1,078円/同)など、昼も夜も食べることができ、ボリュームも価格も満足な定食メニューを用意している。15時半からの夜の部では、リーズナブルな本格炭火焼き鳥がおススメ。水分含有量が少ない備長炭を厳選。その炭が放つ強力な赤外線で焼き上げるので表面は香ばしく中はジューシーに旨味が凝縮した逸品だ。その他、とびっこが目を引くてんこ盛りの「黄金のポテトサラダ」やモチモチ食感が癖になる「ホルモン白チン」など、酒のあてとして提供される創作料理の数々は大衆居酒屋のおつまみをベースにしながら、センスのあるアレンジが効いている。
 古き良き大衆酒場のノスタルジックな風情を残した「カツオスタンド」。外観は、洗練されたモダンな雰囲気を融合されたデザイン。店内で流れるBGMも1990年代の懐メロが心地よく流れ、ワクワク感とどこか懐かしくて落ち着く空間を演出。

【カツオスタンド】
諸愛知:東京都町田市森野1-35-2
電話:042-860-7710
定休日:無し
営業時間:11:00~23:00
 

(外食.Biz)
2021年04月02日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る