外食ドットビズ

トピックス

ジー・テイスト、株式会社焼肉坂井ホールディングスに社名変更
名実ともに焼肉事業に経営資源を集中するとともに、更なる事業の拡大・発展を図る

 ジー・テイストは、4月1日に開催した取締役会において、今年6月29日開催予定の定時株主総会において定款一部変更の件が承認されることを条件として、7月1日付で会社名(商号)を「株式会社焼肉坂井ホールディングス」と変更することを決議したと発表した。
 同社は、1959(昭和34)年の創立以来、約60年にわたり外食事業を基盤として社会の発展とともに歩んできた。近年においては、焼肉事業をはじめ回転寿司事業、居酒屋事業、日常食事業と数多くの業態を全国で運営し、経営の安定感を重視した事業ポートフォリオを構築してきたが、ここ数年、総合居酒屋業態の需要の縮小、回転寿司業態の競合激化等、食をめぐる経営環境が大きく変化し、同社グループも今まで以上に経営環境に適応することが求められていた。既に、居酒屋事業を徐々に縮小し、焼肉事業を主力事業とする方針だったが、このコロナ禍による急激な環境変化を受け、更なる事業の選択と集中を加速することを決意した。なお、焼肉事業は、郊外型焼肉「焼肉屋さかい」と、国産牛焼肉食べ放題「肉匠坂井」を中心に国内で107店舗を展開している。
 今回、新社名を「焼肉坂井ホールディングス」とすることにより、焼肉事業を中心とする多角的外食企業グループであることを内外に表明し、名実ともに焼肉事業に経営資源を集中するとともに、その他事業を専門特化した外食子会社として事業領域を明確化することにより、経営判断の迅速化、経営資源の効率化を図り、更なる事業の拡大、発展を図っていく。
 

(外食.Biz)
2021年04月02日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る