外食ドットビズ

トピックス

寧々家(ねねや)、「郊外型」と「駅前型」に分けてグランドメニューを改定
郊外型は「脱・居酒屋」、駅前型は「5つの小」を守りながら食事を楽しめるラインナップに

 アトムは、東北・北関東を中心に展開する「寧々家(ねねや)」全44店舗にて、4月1日よりグランドメニューを改定し、ロードサイド立地の「郊外型」と、駅前立地の「駅前型」に分けて、それぞれに異なるメニューを導入した。
 「郊外型」20店舗では、ランチメニューはもちろん、ディナーメニューでも「脱・居酒屋」をテーマに、家族・親族での集まりなどに食事もお酒も楽しめるよう、御膳やセットメニューを前面に打ち出したメニューラインナップを用意。今まで同様のお酒にぴったりの寧々家らしいおつまみメニューも多く取り揃えた。
 「駅前型」24店舗では、会食時の合言葉「5つの小」(小人数・小一時間・小声・小皿・小まめ)を守りながらも食事が楽しめるよう、小ポーションで300円代の商品を増やし、またセイロを使用した見た目も華やかでヘルシーな蒸し料理を看板商品として用意した。ドリンクも低アルコール・アルコールフリーの需要増加を反映し、ノンアルコールカクテルや果実のサワーを一新した。
 

(外食.Biz)
2021年04月02日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る