外食ドットビズ

トピックス

OFSC、「OFSCフードテック・カンファレンス2021」出展者セッション決定
「コロナ時代に求められる外食店舗をITで創出する!」をテーマにオンラインで開催

 IT先進化を目指す外食企業とITシステム・機器ベンダーの集まりである(一社)オープン・フードサービス・システム・コンソーシアム(OFSC)は、3月18日~3月20日に「コロナ時代に求められる外食店舗をITで創出する!」をテーマに、「OFSCフードテック・カンファレンス2021」を開催するが、今回、出展者セッションが決定した。
 「OFSCフードテック・カンファレンス2021」では、外食企業経営者による基調講演、OFSC会員企業による出展者セッション、OFSC分科会セッションがオンラインで開催される。来場者は、事前登録をすることで、期間中さまざまなセミナー・セッションに無料で参加できる。
 なお、出展者によるセミナーは、「OpenVINOによる外食のAI/IoT」(インテル)、「フードサービスDXプラットフォーム」(Okage)、「多様な用途に使用できるタッチターミナルのご提案」(シャープマーケティングジャパン)、「プリンターって面倒…その悩み解決します!」(スターマーケティングジャパン)、「コロナ禍による非接触システム提案」(東芝テック)、A「画像解析AIによる正しい手洗い判定と記録」・B「レシピ管理におけるBOM活用の可能性」・C「統合型基幹システムによるデータガバナンス戦略の実現」・「D券売機の新しいコンセプトの提案」(日本システムウエア)、「フードサービスをトータルに支援~Mediamixソリューション紹介」(Mediamix)、「POSレジから在庫管理まで!様々な業種・業態で導入されております!」(レノボ・ジャパン)となった。
OFSCフードテック・カンファレンス2021:http://conference.ofsc.or.jp/

【基調講演】(講演順)
■演題:デジタル技術を活用した、コロナ時代の「おもてなし」
株式会社モスフードサービス
執行役員経営企画本部長兼デジタル化推進部長
笠井 洸(かさい こう) 氏

■演題:コロナ時代の外食経営
ロイヤルホールディングス株式会社
代表取締役会長
菊地 唯夫(きくち ただお)氏

■演題:Foodservice IT 2021; US Initiatives & Global Perspectives
  (フードサービスIT 2021;米国発の新規構想とグローバルな展望)(通訳付)
IFBTA(International Food and Beverage Technology Association)
創立者・CEO
Robert N. Grimes(ロバート N グライムス)氏

■演題:コロナ禍におけるワンダーテーブルの経営戦略
株式会社ワンダーテーブル 代表取締役社長
秋元 巳智雄(あきもと みちお)氏
 

(外食.Biz)
2021年03月08日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る