外食ドットビズ

トピックス

日本ミシュランタイヤ、「ミシュランガイド北陸2021特別版」を5月21日に発売
石川・富山・福井の3県を対象に厳選した飲食店・レストランおよび宿泊施設を紹介

 日本ミシュランタイヤは、北陸三県全域を対象に厳選した飲食店・レストランおよび宿泊施設を紹介する「ミシュランガイド北陸2021特別版」(3,000円/税抜)を5月21日から全国の主要書店で販売開始する。
 「ミシュランガイド北陸2021特別版」は、2016年に発行した「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版」から5年を経て富山県、石川県全域を再調査し、さらに福井県全域を加えて一冊の書籍として発行するもの。今回初掲載となる福井県は、ミシュランガイド掲載地域としては26エリア目となる。
 なお、「ミシュランガイド北陸2021特別版」から、国内のミシュランガイドはアジアの国々と形状を合わせ、書籍のサイズをより大きくする。また、2020年から新たに導入された「ミシュラン グリーンスター」の紹介は日本国内では3冊目、北陸では初の発表となる。かねてより持続可能なモビリティの実現に向けて開発・経営を行うミシュランは、美食の領域で同じ使命感を持ち、取り組む飲食店・レストランに光を当て、読者に新しいレストラン選びの指標を提案している。
 日本ミシュランタイヤ代表取締役社長のポール・ペリニオ氏は、『昨年から長きにわたって新型コロナウイルス感染拡大対策に取り組む飲食店・レストラン、宿泊施設の皆様に心から敬意を表します。私たちはミシュランガイドを予定通り出版することが、ホスピタリティ業界へのエールになると信じています。そして、未曽有の危機を乗り越えた暁には再び多くの人が北陸を訪れ、滞在する喜びを体験できることを願っています。「人やモノのモビリティに貢献する」というミシュランの理念は、創業から130年以上となる今も変わりません。「ミシュランガイド北陸2021特別版」には、ミシュランが世界統一の基準で選んだ飲食店・レストラン、宿泊施設が掲載されます。ガイドブックやモバイルツールを片手に、いずれ多くの方に富山県、石川県、福井県を訪れ、その魅力を堪能していただきたいと思います』と述べた。
 

(外食.Biz)
2021年03月01日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る