外食ドットビズ

トピックス

国産ソラチエース100%使用を目指し「サッポロ SORACHI 1984」リニューアル
昨年に引き続き希少な北海道上富良野産ソラチエースホップ使用比率をアップ

 サッポロビールは、伝説のホップ「ソラチエース」を100%使用したビール「サッポロ SORACHI 1984」(350ml缶/10L樽)を3月製造分よりリニューアルし、順次全国で発売する。
 「サッポロ SORACHI 1984」は、同社が1984年に開発し、今や世界中のブリュワーから人気となっている伝説のホップ「ソラチエース」を100%使用したビールで、2019年4月から通年販売を開始した。顧客からは「ヒノキ、レモングラスのような個性的な香りが心地良い」と好評を得ており、この特長的な味わいと、ワクワクするような30年以上におよぶ伝説の物語により、一味違うビールとして楽しんでもらっている。
 今回のリニューアルでは、昨年のリニューアルに引き続き、希少な北海道上富良野産「ソラチエース」ホップの使用比率をアップした。また、4缶スリーブのデザインには、「ソラチエース」が北海道で生まれ世界へ羽ばたいたホップであるというストーリーと、これから「サッポロ SORACHI 1984」をさらに大きなブランドに成長させていく決意を表現した。
 同社は、創業以来140年以上にわたり取り組んできた、大麦・ホップの「育種」を継続することで、日本産ソラチエースホップ100%の「サッポロ SORACHI 1984」をつくるという夢の実現を目指すとともに、「ホップでビールを選ぶ楽しみ」を提案し、日本のホップ産業やビール市場の発展に貢献したいとしている。
 

(外食.Biz)
2021年02月22日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る