外食ドットビズ

トピックス

北海道生まれ 和食処とんでん、配膳・運搬ロボット「Servi」の導入を開始
人とロボットの協働で店舗業務の効率化と顧客満足度の向上を目指す!

 とんでんホールディングスは、「北海道生まれ 和食処とんでん」店舗へ、ソフトバンクロボティクス社の配膳・運搬ロボット「Servi(サービィ)」を導入する。まずは、2月19日の「白幡店」と「原山店」を皮切りに、2月中に計11店へ順次導入する。
 「Servi」は、飲食店やホテル・旅館、小売店などでスタッフと共に働くことを目的に開発された配膳・運搬ロボットで、2月16日から販売が開始された。店舗の業務効率化や顧客満足度の向上に加えて、主に配膳・下げ膳などにおけるスタッフの業務負荷軽減にも貢献するなど、新時代の店舗運営を実現する。
 同社は、「Servi」をスタッフのパートナーとして「とんでん」に導入し、料理を運ぶ作業の一部に活用していく。昨年実施した本導入前の実証実験では、フロア業務から“作業時間”が軽減され、来店客への“サービス時間”が増えた。また、「Servi」をきっかけに来店客とスタッフの会話や笑顔も増え、この事によりスタッフの仕事に対する満足度も向上しているという。
 両社は、今後も「Servi」の活用を通じて人とロボットの共生による顧客サービスの向上を行い、より多くの人に、食を通じて豊かさと楽しさの実現を目指すとしている。
※2月24日導入予定…「川越富士見店」「鳩ヶ谷店」「春日部緑町店」(埼玉県)、「青梅河辺店」(東京都)、「宮の森店」(北海道)
※2月25日導入予定…「子母口店」(神奈川県)、「北習志野店」「そが店」(千葉県)、「川沿店」(北海道)
 

(外食.Biz)
2021年02月19日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る