外食ドットビズ

トピックス

ぐるなびリサーチ部、2021年食べたいメニューランキング・トレンド予測メニュー発表
食べたいメニューNo.1は「焼肉」!「B級韓国グルメ」「アジアグルメ」などにトレンドの兆し

 ぐるなびは、ぐるなび会員を対象に、世の中のトレンドに合わせて食に関する様々な調査を実施し、「ぐるなびリサーチ部」として、定期的に情報を発信している。今回は、2021年に食べたいメニューやトレンドの兆しがあるメニューについて調査した。
 まず、2021年に食べたいメニュートップ3は、「焼肉」「寿司」「ステーキ」と、食で贅沢を楽しもうとする傾向がみてとれた。なお、4位以下は「イタリアン」「ラーメン」「鍋」「フレンチ」「和食」「中華」「ハンバーグ/ハンバーガー」であった。
 また、2021年のトレンド予測メニューでは、自由回答の中から3つのキーワードに注目。1つ目の「テイクアウトグルメ」は、在宅時間を食で充実させるため、外食でも人気の本格焼肉を自宅で食べられるようなテイクアウトから、国際的スポーツイベント観戦のお供にも最適なワンハンドで食べられるような手軽なテイクアウトまで、進化したテイクアウトの回答が多く見られた。2つ目の「B級韓国グルメ」は、昨年からの第4次韓流ブームの影響もあり、現地で人気のクロフル(クロワッサンとワッフルのハイブリッドスイーツ)から、スンドゥブ、キンパ、ハニーバターチキン、トッポギなど馴染みのある韓国グルメまで幅広く注目されている。また、3つ目の「アジアグルメ」は、昨年からのアジア人気が継続し、今年もなかなか海外旅行に行けない状況の中、食で各国の魅力を満喫しようという思いもあってか、「台湾料理」(台湾カステラ、小籠包)や「ベトナム料理」(バインミー)などが引き続き注目されている。

【調査概要】
調査期間:2020年12月25日~12月28日
調査方法:WEBアンケート。自由回答をもとに集計
調査対象:全国の20代~60代のぐるなび会員1,000名
 

(外食.Biz)
2021年01月14日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る