外食ドットビズ

トピックス

くら寿司、1月の旬の極みシリーズは「大間のまぐろVS寒ぶり」フェア
今年初の「ネットで社長のジャンケン大会」はwebの特設ページで開催!

 くら寿司は、全国の回転寿司チェーン「くら寿司」店舗にて、今年最初となる旬の極みシリーズ「大間のまぐろVS寒ぶり」フェアを1月15日から開始する。
 毎年の初せりで高値が付き、新春の風物詩としても話題となる、青森県の「大間まぐろ」。他のまぐろと比べて、味や色が濃く、旨味が凝縮されているのが特徴。今回、くら寿司ではこの高級魚を1月21日まで1貫200円で提供する。
 そして、縁起物として、仕事の出世や子供たちの成長を願って食べられる、寒ブリもあわせて提供。今回は、昨年末に販売したものよりもさらに大きい、魚体8キロ以上のブリを厳選。この大きさまで養殖するには、熟練の技術が必要であり、希少な素材となる。徳島県鳴門海峡の渦潮に近い、潮流の激しい海域の生けすで育てることで、運動量を増やし、身の締まりを良く仕上げた。たっぷり脂が乗りながらも、くどさのない味わいが特徴。「寒ぶり」と「寒ぶり焼きしゃぶ」(各2貫200円)で同じく1月21日まで提供する。
 また、2021年初となる「ネットで社長のジャンケン大会」を、webの特設ページで1月12日~1月15日に開催。同社社長の田中邦彦氏のキャラクターとのジャンケンで2連勝した人の中から、抽選で毎日1,000名に「極旨人気10種セット(2人前)」をプレゼントする。
ネットで社長のジャンケン大会:https://games.kurasushi.co.jp/fair/2020jyanken.html
 

(外食.Biz)
2021年01月13日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る