外食ドットビズ

トピックス

サッポロビール、2021年の事業方針を発表-プレミアム価値の提供-
「ビールのプレミアム化」と「日常は家飲み時間の充実」で顧客課題の解決を

 サッポロビールは、2021年事業方針を発表。コロナ禍を受けて、価格が高くても“これ”がいいと選ばれる「プレミアム価値」と、価格と価値のバランスを求めながらもっと手軽に満足感を感じられる「リーズナブル価値」とに二極化している中、同社は、圧倒的なプレミアム価値とリーズナブル価値を提供していく。今回は、このうち「プレミアム価値」の提供についてお知らせする。
 まず、2020年を振り返ると、新型コロナウイルスの感染拡大と10月の酒税税率改正により、酒類市場は大きく変化した。そのような中、同社は、「ビール強化」「新ジャンル ツートップ戦略」を遂行した。ビールは、業務用の需要が縮小したものの、家庭用で売上を伸ばした。中でも、「サッポロ生ビール黒ラベル」の缶商品は6年連続売上アップを果たし、「ヱビスビール」は4年ぶりに缶商品の売上が前年超えを達成した。また、新ジャンルも、巣ごもり消費で需要が拡大する中、2月に新発売した「サッポロ GOLD STAR」が計画を大きく上回り、「サッポロ 麦とホップ」との異なるおいしさ価値でユーザーの期待に応え、前年比119%の売上を達成した。一方、RTD(栓を開けてそのまま飲める低アルコール飲料)については、前年実績を下回ったが、居酒屋気分を自宅で味わえる「男梅サワー」は大きくユーザーの支持を拡大した。RTS(氷やソーダなどで割るだけで楽しめるお酒)では、「濃いめのレモンサワーの素」が計画を大幅に上回り、急成長した。
 「プレミアム価値」の提供においては、昨年の酒税税率改正を受けて拡大が期待されるビールで「プレミアム化」を推進する。「サッポロ生ビール黒ラベル」や「サッポロ ラガービール」「サッポロ クラシック」は、それぞれの独自の世界観が評価され、成長してきた。次の課題を「ヱビス」ブランドの再成長とし、ヱビスブランドを日本のプレミアムビールの先駆者として、プレミアムビールの未来を切り拓くべく、ブランドリニューアルを実施する。
 具体的には、「ひとりひとりの彩りあるビール時間を創るブランド」をコンセプトに据え、「ヱビスビール」「ヱビス プレミアムブラック」「ヱビス プレミアムエール」を1月製造分からリニューアル発売する。さらに期間限定でホワイトとアンバータイプを発売し、顧客の多様化するライフスタイルに対して、多彩なラインナップで応える。また、顧客のビール時間を彩るために、オンラインフェス形式での家飲み提案などを実施する。これらの取り組みを皮切りに、今後新たなブランド体験の新接点構想を実現するなど、新しいアクションを次々と展開する。
 また、「サッポロ生ビール黒ラベル」は、缶商品の売上が連続成長している6年間で1.6倍に達し、顧客の支持を拡大してきた。2021年は、家飲みではオンラインライブイベント、外飲みでは、ニューノーマルの中でも楽しめる期間限定のリアル体験イベントを展開し、熱狂的なファンづくりを引き続き推進していく。
 そして、「サッポロ ラガービール」「サッポロ クラシック」「サッポロ SORACHI 1984」などの個性的なビールブランドも、それぞれの個性に磨きをかけて、更なる成長を目指す。
 

(外食.Biz)
2021年01月12日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る