外食ドットビズ

トピックス

「ベリンジャー ナパ・ヴァレー・カベルネ・ソーヴィニヨン」を新発売
ベリンジャーの本拠地であるナパ・ヴァレー産のぶどうを100%使用

 サッポロビールは、ベリンジャーの本拠地であり、ぶどうの高級産地として世界的に人気の高いカリフォルニア州ナパ・ヴァレー産のぶどうを100%使用した「ベリンジャー ナパ・ヴァレー・カベルネ・ソーヴィニヨン」(750mlびん)を3月2日に新発売する。
 ベリンジャーは、1876年にカリフォルニアのナパ・ヴァレーで創業し、今日まで継続して生産を続ける最古のワイナリーとして知られる有名ワイナリー。カリフォルニアの豊かな太陽を浴びて育つぶどうと、高い技術と長い経験から造られるワインは、幅広い人から人気を獲得している。
 ナパ・ヴァレー産のぶどうを100%使用した「ベリンジャー ナパ・ヴァレー・カベルネ・ソーヴィニヨン」は、熟した黒系果実のアロマで、ダークチョコレートのようなニュアンスがあり、口に含むと非常に濃厚でレッドベリーやブルーベリーのようなジューシーさと共にしっかりとしたストラクチャーを感じるワインだ。
 同社は、米国の偉大なブランドであるベリンジャーの新商品を発売することで、「ベリンジャーといえばカベルネ・ソーヴィニヨン」を強く印象付け、認知拡大をはかるとともに、日本における更なるワイン文化の醸成に貢献していきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2021年01月08日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る