外食ドットビズ

トピックス

SUUMO、横浜駅まで電車で30分以内、家賃相場が安い駅ランキング
ニュースサイト「SUUMOジャーナル」による住まいや暮らしに関するアンケート調査

 リクルート住まいカンパニーが運営するニュースサイト「SUUMOジャーナル(スーモジャーナル)」は、住まいや暮らしに関するさまざまなテーマについてアンケート調査を実施し、結果を紹介している。今回は、「横浜駅まで電車で30分以内、家賃相場が安い駅ランキング 2020年版」の結果を紹介する。
 首都圏屈指の観光地で、ロマンチックな港町のイメージのある横浜。同社による「住みたい街(駅)ランキング関東版」の調査では3年連続で住みたい街の1位に輝く、住みたい場所としても人気の街だ。そこで、ワンルーム・1K・1DKの物件を対象に、横浜駅まで30分以内で行ける家賃相場の安い駅ランキングを紹介する。
 1位は、相鉄本線の「かしわ台駅」(家賃相場4.10万円)。駅の所在地は、神奈川県海老名市だが、駅周辺は綾瀬市や座間市と入り組んでいるベッドタウンだ。閑静な住宅街で、一戸建て住宅も目立つ。緑が多く、公園も充実。駅から少し行くと、体育館や屋内プール、テニスコートなどを備えた北部公園などがあり、アクティビティが好きな人には静かな暮らしと趣味との両立がかないそう。また、国道246号線の大和厚木バイパスが通っており、圏央厚木インターチェンジや海老名インターチェンジも近いため、車で遠出が好きな人にとっても生活しやすそうだ。
 3位の「桜ヶ丘駅」(同4.50万円)は、小田急江ノ島線の各駅列車の停車駅。のどかな住宅地で、ノスタルジックな雰囲気も漂う。同じく3位の「羽沢横浜国大」は、2019年11月30日にできたばかりの新駅。従来は鉄道の整備が不十分な鉄道空白地帯だったが、JRと相鉄の直通に伴った整備で、周辺の交通利便性は大幅に向上した。横浜駅までの所要時間も、ランキング中で最短。品川駅など都心の主要駅までの時間も短い。駅の開業にあわせ、周辺は横浜国立大学の研究チームや自治体などによる開発が進められている。同大学の最寄駅であり、学生向けの単身者住宅が多いこともランクインの一因にもなっているが、開発計画では商業施設や子育て支援施設などの建設も予定されているとのこと。結婚や出産などでライフステージが変化しても長く住める街になる期待が持てそうだ。
 5位の「三ツ境駅」(同4.55万円)は、相鉄の急行、通勤急行、快速、各駅停車の停車駅。乗り換えなしで所要時間20分以内と、横浜駅へのアクセス利便性なら1位と言えるかもしれない。緑豊かな環境のほか、天気に恵まれれば富士山が見えることでも知られる。駅ビルの「相鉄ライフ 三ツ境」は、スーパーのほか、スターバックスや「WIRED CAFE with フタバフルーツパーラー」などのカフェがある。周辺にも大きなスーパーや家電量販店、安売り店などが点在するほか、駅の所在地である瀬谷区の区役所が駅徒歩圏内なのも便利だ。区役所と隣接する公会堂では、モノづくり体験やスポーツ講座なども随時開かれている。
 10位の「さがみ野駅」(同5.10万円)も、相鉄本線沿線で、同じく急行、通勤急行、快速、各駅停車の停車駅。駅ビルも三ツ境駅と同じように「相鉄ライフ さがみ野」がある。駅周辺に大きなスーパーが充実している点も同様だが、さがみ野は人気の大規模小売店舗「コストコ」があるのが大きな魅力かもしれない。同店の特徴である大ボリュームの商品は単身者には使い勝手が難しいかもしれないが、アメリカのスーパーのような雰囲気もまたコストコの楽しさの一つ。好きな人にはたまらないだろう。
 その他、2位には「安針塚駅」(同4.25万円)が入り、6位「京急田浦」(同4.75万円)、7位「鶴間」(同4.80万円)、8位「舞岡」(同4.90万円)、9位「成瀬」(同5.00万円)であった。
 

(外食.Biz)
2021年01月08日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る