外食ドットビズ

トピックス

ぐるなび、今年のバレンタインは“リモチョコ”に注目!「バレンタイン」調査を実施
今年のバレンタインは半数以上が家族のために購入、16.3%がオンラインで購入すると回答

 ぐるなびは、20~60代の女性ぐるなび会員(n=978)を対象に、2021年のバレンタインに関するインターネットによるアンケート調査を2020年12月9日~12月11日に行った。
■今年購入予定の人は過半数の52.7%、うち半数以上が「家族」に贈ると回答
 まず、昨年(2020年)と今年(2021年)のバレンタインチョコレートの購入についてあてはまるものを聞いたところ、1位は「昨年は購入した、今年も購入する予定がある」(47.1%)が最も多く、以下、「昨年は購入せず、今年も購入する予定はない」(26.5%)、「今年は未定」(15.5%)、「昨年は購入せず、今年は購入する予定がある」(5.6%)、「昨年は購入したが、今年は購入する予定はない」(5.2%)が続いた。
 今年購入予定の人(n=516)に、誰のためにチョコレートを購入する予定か聞いたところ、最も多かったのが「家族」(51.0%)で、以下、「配偶者」(40.5%)、「自分」(26.6%)、「職場の上司や同僚」(23.4%)、「恋人・パートナー」(20.2%)がベスト5であった。
■購入場所は実店舗が圧倒的多数も、オンラインで購入したい人も16.3%
 今年購入予定の人に、どこでチョコレートを購入する予定か聞いたところ、トップ3は「デパート・百貨店」(63.8%)、「スーパー」(24.0%)、「チョコレート専門店」(23.1%)と実店舗であったが、「オンライン(インターネット通販)」(16.3%)も5位に入った。
■バレンタイン購入での寄付に興味がある人は約8割、参加意向は2割弱
 全員に、チョコレートを購入することで寄付や支援など社会貢献ができたら参加したいか聞いたところ、「参加したいと思う」(19.9%)、「興味はあるが、参加するかは検討したい」(47.4%)、「興味はあるが、参加したいと思わない」(10.9%)と、興味がある人は78.2%に達し、参加意向を示した人は19.9%であった。
 2021年のバレンタインは、密を避け新しい生活様式を意識した買い方・贈り方として“リモチョコ”に注目が集まっている。同社が運営する「ぐるすぐり」でも「バレンタイン」特集ページを開設し、総掲載商品数は約1,600品と、前年比2倍となっている。希少性の高い「専門店」や衛生面を考慮した「個包装」、複数の味を楽しめる「アソートセット」など、用途に合わせて選べる様々な商品を取り揃えた。
 さらに、今年は国際NGO「プラン・インターナショナル」を通し、自立サポートや、教育機会の提供といった途上国の女性が直面している課題を解決するためのプロジェクトに、売上金額の一部を寄付する「#サポチョコ」に初めて参加。「ぐるすぐり」バレンタイン特集内の商品すべてが対象商品となり、チョコレートを購入することで、プロジェクトを応援することができる。
ぐるすぐり:https://gurusuguri.com/special/season/valentine/support-chocolate/
 

(外食.Biz)
2021年01月07日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る