外食ドットビズ

トピックス

第一興商、デリバリー専門の新業態「台湾夜市」「チキン南蛮本舗」をオープン
今後も既存店舗の厨房を有効活用し、ユーザーのニーズに合わせたサービスを提供

 第一興商は、本格的な味を自宅で気軽に楽しめるデリバリー専門店「台湾夜市」を12月23日に、「チキン南蛮本舗」を1月上旬にオープンする。どちらもデリバリーサービス「Uber Eats」にて注文できる。
 「台湾夜市」で提供するのは、にんにくの風味を効かせたコクのある旨味とピリ辛な味わいが病みつきになる炒麺「謹製台湾焼きそば」。さらなる刺激を求めたい人には、トッピングに激辛唐辛子「プリッキーヌ」を追加することもできる。また、ミネラルを豊富に含んだ竹炭を使用した見た目にインパクトのある「竹炭ブラック台湾焼きそば」のほか、辛さが苦手な人には、濃厚ソースで絡めた太麺にたっぷりの具材とごま油の風味が食欲を引き立てるおなじみの「屋台風ソース焼きそば」を用意した。「特製もんじゃコロッケ」や「ホクホク長芋の唐揚げ」などのサイドメニューも豊富に取り揃えた。
 一方、「チキン南蛮本舗」のチキン南蛮は、生姜、にんにく、ごま油、唐辛子の特製だれで揉み込んだ厳選若鶏に、米粉を調合した揚げ粉をまぶしてサクッとした食感を作り出した。チキンに合わせるタルタルは、大きめに刻んだゆで卵がたっぷり入った「オリジナルタルタル」のほか、揚げたにんにくとピリ辛ラー油を効かせた「タルタル&サクサクガーリック」や、さっぱりした後味の「梅とゆかりのタルタル」など、全13種類から選べる。
 同社は、9月に唐揚げ専門店「壱の唐揚げ」をオープンして以来、デリバリー専門店を順次増やしてきた。今後も既存店舗の厨房を有効活用し、ユーザーのニーズに合わせたサービスを提供することで、新規顧客の開拓に努めていきたいとしている。

(外食.Biz)
2020年12月25日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る