外食ドットビズ

トピックス

トリドールHD、「譚仔雲南米線」のデザイン刷新の新店舗を香港・中環にオープン
従来の伝統的な店舗デザインからアートを取り入れた明るいポップ調の店舗デザインに

 トリドールホールディングスは、傘下のグループ企業Tam Jai International Co. Limitedを通じて、香港の米粉麺のヌードルチェーン「譚仔雲南米線」の次世代デザインに刷新をした「Central店」を、香港の中環(セントラル)にオープンした。
 香港で69店舗を展開するヌードルチェーン「譚仔雲南米線」は、2018年1月に同社グループ入りした。また、兄弟ブランドの「譚仔三哥米線」も同時期にグループ入りし、Tamjaiグループ合計で141店舗を展開している(11月末時点)。中国雲南地方をルーツとする米粉麺の食感とスパイシーなスープ、選べる多彩な具材や辛さのバリエーションに、一杯約450円の手ごろな価格帯で、若年層を中心に幅広い世代から人気を獲得し、香港の飲食店ではトップブランドの評価を得ている。
 今回出店した「Central店」から「譚仔雲南米線」のブランドイメージを担う店舗デザインをリニューアルした。アートを取り入れた明るいポップ調の店舗デザインに変更し、従来の伝統的な店舗デザインから時代に即した店舗デザインに刷新することで、若い人にもより「譚仔雲南米線」を楽しんでもらえるようにした。
 

(外食.Biz)
2020年12月24日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る