外食ドットビズ

トピックス

焼肉ライク、大豆を用いた焼肉用代替肉の提供を全店舗で開始
本物の肉の食感や味わいを再現した代替肉で健康的なライフスタイルを

 ダイニングイノベーショングループの焼肉ライクは、大豆を用いた焼肉用の代替肉「NEXTカルビ(50g)」(290円/税抜)と「NEXTハラミ(50g)」(310円/同)を、12月14日より全国の焼肉のファストフードをコンセプトにした「焼肉ライク」全店舗での販売を開始する。
 「NEXTカルビ」と「NEXTハラミ」は、今年10月23日から「渋谷宇田川町店」にて先行販売を開始。11月1日からは、「新橋本店」「新宿西口店」「赤坂見附店」「上野店」でも販売を開始した。利用客からは、「焼肉屋さんで代替肉のお肉を食べられる日が来るなんて感激」「違和感なくて美味しい」「ぜひ定番化を」など想定以上の反響があったことより、今回、全店舗で販売することになった。
 「焼肉ライク」で取り扱う代替肉は、ネクストミーツ社が開発した植物性タンパク質(大豆)を原料としたプラントベース食品。本物の肉の食感や味わいを再現した代替肉(フェイクミート)は、一般的な焼肉と比べると脂質が半分以下で、タンパク質は約2倍にもなるので、栄養価も申し分なく、アスリートなどにも受け入れてもらえる商品。添加物を使用せず肉そっくりに作られているため、食感や風味を楽しみながら健康的なライフスタイルに移行していきたいという人にピッタリ。
 

(外食.Biz)
2020年11月27日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る