外食ドットビズ

トピックス

一風堂、さっぱりとしつつ深いコクを味わえる「味噌白丸」が今年も登場
とんこつスープに3種類の味噌を合わせた味噌とんこつスープと平打ちの中太麺を採用

 力の源ホールディングスは、全国の「一風堂」及び「IPPUDO RAMEN EXPRESS」計119店舗にて、昨年好評を得た「味噌白丸」(890円/税抜)を今年も11月27日から期間・数量限定で販売する。
 「味噌白丸」は、一風堂のなめらかで旨味と香りが豊かなとんこつスープに3種類の味噌を合わせた味噌とんこつスープとスープがよく絡む平打ちの中太麺※を使用し、さっぱりとしつつ深いコクを味わうことができる一杯に仕上げている。トッピングは、豚バラ肉チャーシューとキャベツ、もやしなどのたっぷりの野菜、さらに「味噌白丸」の大きな特徴とも言える「ジンジャーボール」をのせている。「ジンジャーボール」は、おろし生姜ときざみ生姜、食感の違う2種類の生姜を使っており、スープに溶かすことで生姜の風味が全体に広がりポカポカと身体を温める。最後に柚子皮の粉末をかけ、ほんのり柚子の香りも添えている。
※「IPPUDO RAMEN EXPRESS」は、ストレートの細麺を使用
 

(外食.Biz)
2020年11月27日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る