外食ドットビズ

トピックス

11月21日は日本にKFC1号店がオープンした記念日「フライドチキンの日」
今年で50周年!感謝を込めて記念日を盛り上げる施策を店舗とTwitterで実施

 日本ケンタッキー・フライド・チキンは、11月21日の「フライドチキンの日」に合わせ、記念日を盛り上げる施策を全国の「ケンタッキーフライドチキン」店舗と公式Twitterアカウントにて同日より実施する。
 1970年11月21日、愛知県名古屋市西区に日本国内のKFC1号店として「名西(メイセイ)店」がオープン。当時の日本には「フライドチキン」という言葉も食べ方も馴染みがなかったが、KFCの店舗が増えるにつれて広く知られるようになった。同社では11月21日を「フライドチキンの日」として、2015年に一般社団法人日本記念日協会に記念日登録した。
 1970年から50年の節目となる今年の記念日を盛り上げる施策として、KFC店舗では同日限定で、一部従業員が「ストリングタイ」と「ピンバッジ」を付けて来店者を迎え、「フライドチキンの日」を記念した「記念日カード」を数量限定で配布する。また、KFC公式Twitterアカウントでは「あなたはどの部位?オリジナルチキン診断!!」を11月24日まで実施する。チキンにまつわるいくつかの質問に答えると、「オリジナルチキン」の部位で表す診断結果が表示される「オリジナルチキン」をより身近に、部位についても改めて知ってもらえる楽しい診断となっており、参加者全員に、スペシャルクーポンをプレゼントする。
 

(外食.Biz)
2020年11月21日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る