外食ドットビズ

トピックス

サッポロビール、長野県との「生物多様性保全パートナーシップ協定」を更新
黒ラベル「信州環境保全応援缶」第6弾を発売し売上の一部を長野県に寄付

 サッポロビールは、長野県と2017年に締結した「生物多様性保全パートナーシップ協定」を2023年5月まで更新したと発表した。また、2016年以降毎年発売し、好評を得ている『サッポロ生ビール黒ラベル「信州環境保全応援缶」』(350ml缶)を、同協定の更新を機に第6弾として11月17日に発売して売上1本について1円を、今年も長野県に寄付し、継続的に環境保全活動を応援していく。
 同社は、長野県が2050年の中長期目標「生物多様性ながの県戦略」を掲げ、県鳥であり絶滅が危惧されているライチョウの保護回復事業計画を県民ぐるみで取り組んでいる活動に共感し、ライチョウの保護に向けた普及啓発と体制構築を目的とした「生物多様性保全パートナーシップ協定」を2017年5月31日に締結。締結から3年を迎えた今年、継続的な応援を目的として同協定を更新することとなった。
 なお、黒ラベル「信州環境保全応援缶」のパッケージには、ライチョウ(冬羽)と日本アルプスの山々を背景に、「信州」の文字を大きく配置するとともに、今年国定公園に制定された「中央アルプス国定公園」のロゴを入れることで、長野県の環境保全を訴求するデザインとした。
 同社は、グループのサステナビリティ方針に基づき、これからも社会との共栄を実現させるため、長野県と共に地域社会・自然環境への貢献に取り組んでいきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2020年11月19日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る