外食ドットビズ

トピックス

インフォマート、オンライン交流イベント“外食産業DXカンファレンス”を開催
外食産業のDXとは?最新の取り組みを情報共有することで意識の向上に貢献

 インフォマートは、新型コロナウイルスの影響により飲食店・外食産業において厳しい状況が続いている中、外食産業どうしの情報交換の場として、300名ほどの大規模なカンファレンス「FOODCROSS~外食産業DXカンファレンス~」を11月10日にオンラインで開催する。
 近年、ビジネスの場で聞く機会が多くなった「DX(デジタルトランスフォーメーション)」。2018年に経済産業省が発表したガイドラインには、DXの定義は、「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」と記載されている。つまり、ITの活用による仕事の効率化・働き方改革に繋げようとする概念をDXという。
 同社と取引を行う企業の中にも、進んでDXに取り組む飲食店が増えてきている。一方で、方法が分からずなかなか実行に移せないという企業も多くある。そこで今回、「FOODCROSS」を開催し、業界で名が知られている人たちに登壇してもらい、最新の取り組みを情報共有することで、多くの企業で糧にしてもらい、意識の向上・業界全体の底上げに貢献することを目指す。

【FOODCROSS~外食産業DXカンファレンス~】
日時:11月10日11時?15時(入退室自由)
会場:オンライン(ZOOMを利用)
費用:無料
申込:https://www.event-info.com/foodcross/
 

(外食.Biz)
2020年10月30日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る