外食ドットビズ

トピックス

12年目を迎える「サッポロ生ビール黒ラベル 東北ホップ100%」を発売
東北産の希少なホップ「ホクトエース」を100%使用、米には宮城県産米を

 サッポロビールは、協働契約栽培の東北産ホップを100%使用した「サッポロ生ビール黒ラベル 東北ホップ100%」(350ml/500ml缶、10L樽)を10月27日に東北エリア限定(樽は青森県と岩手県のみ)で発売する。
 「サッポロ生ビール黒ラベル 東北ホップ100%」は、2009年に発売して以来、東北エリアの多くの人々に愛され、今年で発売12年目を迎える。原料のホップには、同社が育種し、東北地方で栽培されている希少な「ホクトエース」を100%使用している。また、米は、宮城県産米を使用。「黒ラベル」のもつビール本来のうまさに加え、今年収穫したホップの華やかな香りが特長。パッケージは、通常の黒ラベルにホップのデザインとネーミングをあしらい、東北産ホップ100%使用の黒ラベルであることを洗練されたイメージを残しながらわかりやすく表現している。
 同社は、今年も「サッポロ生ビール黒ラベル 東北ホップ100%」を通して、東北産ホップの素晴らしさと、この時期だけのおいしさを、東北エリアの人々に届けたいとしている。
 

(外食.Biz)
2020年10月20日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る