外食ドットビズ

トピックス

一風堂、祝創業35周年!「からか麺」が「極からか麺」にリニューアル
刺激的な辛さが魅力!特製の「胡麻ばくだん」を投入して担々麺風に味変

 力の源ホールディングスが運営する博多発祥のラーメンブランド「一風堂」は、一風堂の創業日である10月16日に、創業35周年を記念し、定番ラーメン「からか麺」をリニューアルし、名前も新たに「極(きわみ)からか麺」(850円/税抜)に刷新する。
 実は、一風堂の代表的なラーメン「白丸元味」と「赤丸新味」より歴史が古い「からか麺」は、1989年に一風堂の第一号店「一風堂 大名本店」で誕生した、やみつきになる刺激的な辛さでファンも多い一杯。
 今回、新しい「極からか麺」を、“刺激的”であり、かつ辛味、旨味、甘味をバランス良く味わうことができる一杯に仕上げた。スープは、一風堂の香り高いシルキーなとんこつスープに自家製ラー油と香油を合わせ辛味とコクをプラスし、麺は、中太ストレート麺から変えて博多ならではの細麺を合わせた。トッピングは、従来よりもさらにスパイスを増やし、香り、辛味、旨味を一層強くした「肉味噌」と、複数のスパイスで辛味と香りをつけた天かすをのせ、食感も楽しめるようにした。辛さは「普通」と「特辛」の2種類から選ぶことができる。そして、炒り胡麻や練り胡麻等で作った特製の胡麻ペースト「胡麻ばくだん」は、食べ進める途中、スープに入れて溶かすことで担々?風の味わいに変化し、味変を楽しむことができる。
 

(外食.Biz)
2020年10月16日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る