外食ドットビズ

トピックス

くら寿司、入店から退店まで店員とコンタクトレスになるサービスが完成
11月には今後のモデル店舗「スマートくらレストラン」1号店が東村山にオープン

 回転寿司チェーン「くら寿司」を運営するくら寿司は、店員を介さずに会計が可能で、かつ機器に触れず操作できるタッチレスのセルフレジを10月13日に「池袋サンシャイン60通り店」、10月16日に「なんば日本橋店」へ先行導入するとともに、入店時の自動受付案内機もタッチレスに改修すると発表した。
 今回、不特定多数の人が利用するレジや自動受付案内機のモニターに触れずに操作できるよう、指の動きを認識する特殊センサーを設置。これらの取り組みにより、既に導入済みである、食べた皿の枚数を自動でチェックする仕組みなどと合わせ、大手外食チェーンで初めて、入店から退店まで来店客と店員が対面せずにサービスの提供が可能となる「非接触型サービス」が完成するという。
 また、これら「非接触型サービス」を標準装備し、テーブル上もコンパクトかつスッキリさせた、今後のくら寿司のスタンダードとなる「スマートくらレストラン」1号店として、モデル店舗の「東村山店」が11月17日にオープンすることも併せて発表した。
 

(外食.Biz)
2020年10月14日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る