外食ドットビズ

トピックス

ガスト、サーモンといくらが彩る“食欲の秋”の新メニューが登場
サーモンといくらを使った秋ごはんに、濃厚な味わいのクリームスパゲティ

 すかいらーくレストランツは、全国のファミリーレストラン「ガスト」店舗にて、サーモンといくらを使った食欲の秋を感じられる新メニュー2品を9月17日~11月25日の期間で販売する。
 「北海おやこごはん~サーモン・いくらと香り野菜」(849円)は、サーモンといくらを使った秋ごはんに大葉入りの香り野菜を合わせた。盛り付けが色鮮やかな、サラダ感覚で食べることができる一品だ。わさび醤油をかければ香り野菜のおいしさがさらに引き立つ。「サーモン・いくら・ほうれん草のクリームスパゲティ」(699円)は、サーモンと相性の良いほうれん草を組み合わせ、クリームソースと絡めることで秋に食べたくなる濃厚な味わいに仕上げた。クリームソースには魚介のエキスを使用し、旨味とコクを存分に味わうことが出来る。いくらをのせ、ぷちぷちとした食感と彩りを演出した。
 また、7月より「ガスト」の一部店舗で先行導入していたバーミヤンの「冷凍生餃子」(40個入り799円)の持ち帰り販売を、同日より108店舗に拡大した。
※金額は、「税抜き」価格
※冷凍餃子販売店舗:https://www.skylark.co.jp/gusto/menu/reigyo/pdf/list.pdf
 

(外食.Biz)
2020年09月19日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る