外食ドットビズ

トピックス

ぐるなびリサーチ部、9月の4連休の過ごし方に関する調査
7月の4連休と比べて外出意向が増加傾向!外食予算も441円増に

 ぐるなびは、ぐるなび会員を対象に、世の中のトレンドに合わせて食に関する様々な調査を実施し、「ぐるなびリサーチ部」として、定期的に情報を発信している。今回は、9月19日~22日の連休を目前に、4連休の過ごし方の傾向を調査し、7月に実施した「7月の4連休の過ごし方に関する調査」と比較した。
■9月の連休中にしたいことトップ3は「自宅で過ごす」「外食」「ショッピング」
 まず、9月の4連休中にしたいことを聞いたところ、「自宅で過ごす」が最多で34.8%、次いで「外食」(27.1%)、「ショッピング」(17.0%)、以下、「近場の日帰り旅行」(15.3%)、「離れた家族・友人・知人に会う」(11.9%)が続いた。7月の4連休の調査と比べると「自宅で過ごす」が5%減と、外出意向の増加が伺える。
■連休中の外食予算は平均で12,383円、7月の4連休と比べると441円増
 次に、この4連休中に外食にかける予算を聞いたところ、平均は12,383円となり、7月の4連休時の11,942円と比べると441円増となった。
■連休中に一緒に外食をしたい相手は「家族」がダントツ1位
 また、連休中に一緒に外食をしたい相手を尋ねると、「家族」が最多で77.9%となり、7月の4連休時の69.6%と比べても約8ポイント増加している。9月の4連休には敬老の日があること、コロナ禍の外出自粛により、家族団らんの時間が増えたことなどから、連休中も家族との外食を望む声が多くなった。

【調査概要】
調査期間:9月7日~9月8日
調査方法:WEBアンケート
調査対象:全国
回答者:20代~60代のぐるなび会員1,000名
 

(外食.Biz)
2020年09月15日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る