外食ドットビズ

トピックス

養命酒製造、現役世代とリタイア世代のコロナ疲れに関する調査2020
コロナ禍が落ち着いたらやりたいこと上位は両世代とも「旅行」と「外食」

 養命酒製造は、「現役世代とリタイア世代のコロナ疲れ」というテーマで、インターネット調査を8月21日~8月24日の4日間で行い、全国の30歳~49歳(現役世代)男女500名と65歳~79歳(リタイア世代)の男女500名の計1,000名から有効回答を得た。
■新しい生活様式で実践していることは「手洗い・手指消毒」「3密回避」など
 まず、厚生労働省から公表された「新しい生活様式」の実践例のうち、自身の生活に取り入れているものを聞いたところ、現役世代・リタイア世代ともに1位「まめに手洗い・手指消毒」(現52.0%、リ72.0%)、2位「買い物でレジに並ぶときは前後にスペース」(現45.8%、リ64.2%)、3位「3密(密集・密接・密閉)を回避」(現43.4%、リ57.4%)となった。
 4位以下を比較すると、リタイア世代では「買い物は1人または少人数で」は49.6%と、現役世代(29.4%)と比べて20ポイント以上高くなった。また、「帰省・旅行は控える」は48.6%、「買い物は素早く済ます」は47.4%、「地域の感染状況に注意」は37.0%と、現役世代(各37.4%、31.4%、21.0%)と比べてそれぞれ10ポイント以上高くなった。
■新しい生活様式に順応は、現役世代・リタイア世代ともに約7割
 次いで、「新しい生活様式に順応できている」にどの程度あてはまるか聞いたところ、現役世代では「あてはまる(計)」は69.2%、リタイア世代では71.6%となった。男女・世代別にみると、「あてはまる(計)」と回答した人の割合は、現役世代では男性62.8%、女性75.6%、リタイア世代では男性68.8%、女性74.4%と、いずれの世代も女性のほうが高い傾向がみられた。
 また、「コロナ禍を契機としたデジタル化に順応できている」にどの程度あてはまるか聞いたところ、現役世代では「あてはまる(計)」は52.8%、リタイア世代では44.2%となった。コロナ禍における生活では、オンラインショッピングやオンライン通話などのオンラインサービスを利用する機会が増えている。このようなデジタル化に対し、自身が順応できていると感じているリタイア世代は少なくないよう。
■コロナ禍が落ち着いたらやりたいこと、現役世代のTOP3は「旅行」「外食」「飲み会・宴会」
 新型コロナウイルスが収束したときに、どのようなことをやりたいと思うか聞いたところ、いずれの世代も1位「旅行」(現46.4%、リ61.4%)、2位「外食」(現36.0%、リ38.6%)となった。コロナ禍が落ち着いたら、旅行や外食を満喫したいという人が多いよう。以降、現役世代では3位「飲み会・宴会」(24.4%)、4位「遊園地・テーマパークでのレジャー」(22.6%)、5位「映画館で映画鑑賞」「帰省・離れて暮らす家族と会う」(各20.4%)が続いた。一方、リタイア世代では3位「映画館で映画鑑賞」(20.8%)、4位「飲み会・宴会」「帰省・離れて暮らす家族と会う」(各19.2%)となった。
 世代間を比較すると、「旅行」は、リタイア世代が15.0ポイント高くなった。他方、「遊園地・テーマパークでのレジャー」は現役世代が16.6ポイント高くなった。

【現役世代とリタイア世代のコロナ疲れに関する調査2020】
調査対象:全国の30歳~49歳と65歳~79歳の男女計1,000名
調査期間:8月21日~8月24日
調査方法:インターネット調査
有効回答数:1,000サンプル
実施機関:ネットエイジア㈱
 

(外食.Biz)
2020年09月15日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る