外食ドットビズ

トピックス

日本の伝統料理“そば”の新流儀!「昼そば・夜そば・〆そば」が味わえる
3種のそば活で新たな食事生活を!「そば 天ぷら 丼 三間堂 丸の内店」オープン

 レインズインターナショナル/CWカンパニーは、食事需要の取り込みを強化したそば専門店「蕎麦処 三間堂」業態の3店舗目となる「そば 天ぷら 丼 三間堂 丸の内店」を9月7日にオープンした。
 コロナ禍による昨今の消費者のお店選びが変化し、外食の自粛が続くことが想定されるため、安心安全への取り組みと、新しい生活様式に適した環境での食事を楽しんでもらえるよう、「三間堂」では、食事需要の取り組みを強化したそば専門店の展開を開始。そばの作り方・食べ方は地域性で様々だが、「三間堂」では、時間やシーンに合わせて3種類のそばを用意。「昼そば」には、歯切れが良く、引き締まった硬さのある「藪そば」。「夜そば」には、独特の灰色で、コシの強い平打ち太そば。そして、のど越しも軽く、お酒を嗜んだ後におススメの「〆そば」には、国産石臼挽きのそば粉を4割使用した細めのそばを用意した。

【そば 天ぷら 丼 三間堂 丸の内店】
所在地:東京都千代田区丸の内1-2-1 東京海上日動ビル本館B1
電話:03-5220-2610
営業時間:11:30?22:00
 

(外食.Biz)
2020年09月08日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る