外食ドットビズ

トピックス

NATTY SWANKY、`20年6月期(`19年7月~`20年6月)の業績を発表
都市繁華街を中心に来店頻度が低下も、テイクアウトやデリバリーサービスを開始

 「肉汁餃子のダンダダン」を展開するNATTY SWANKYは、2020年6月期 通期(2019年7月~2020年6月)の連結業績を発表。売上高42億5500万円(対前年同期比6.8%増)、営業利益900万円(同97.0%減)、経常利益1200万円(同95.7%減)、親会社株主に帰属する当期純損失1億5900万円(-)であった。
 同社においても、3月以降は外出自粛要請の影響により都市繁華街を中心に来店頻度が低下することとなったが、テイクアウトやデリバリーサービスを開始し、キャッシュレス決済インフラも導入するなどの対応をしている。店舗展開に関しては、直営14店舗、FC2店舗の新規出店を行った結果、店舗数は、直営71店舗、FC19店舗となった。
 なお、2021年6月期 通期(2020年7月~2021年6月)の連結業績予想は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が業績に与える影響が不透明であり、合理的な業績予想の算定が困難であると判断し未定としている。
 

(外食.Biz)
2020年08月20日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る