外食ドットビズ

トピックス

北陸の老舗カレーチェーンで「チャンピオンカレー」が海外に初進出
8月中旬には旗艦店「Champion’s Curry Little Tokyo」をオープン

 北陸の老舗カレーチェーンのチャンピオンカレーは、海外初出店となる「Champion’s Curry Long Beach」をカリフォルニア州ロングビーチの飲食モールSteelCraft Long Beachへ6月30日に出店し、米国での事業進出を開始した。なお、8月中旬にはロサンゼルス市リトルトーキョーエリアにおいて、旗艦店となる「Champion’s Curry Little Tokyo」を開店する。
 同社は、多様な人種構成を誇り、異なる食文化への受容度が高いカリフォルニア州から事業を開始し、近い将来には他の大都市圏も対象とした多店舗展開を計画。「日本のカレーを現地化し、アメリカにおいても国民食のひとつとして広く親しまれること」を目標とする。展開ブランド名は「Champion’s Curry」とし、通常のカレーライスに加え、「カツサンド&カレーディップソース」を新しく主力メニューとしてラインナップ。国内での営業経験をベースに、ファストカジュアル・コンセプトのカレーダイナー業態として開発した。
 今回の進出に当たって、創業者が遺した秘伝のカレーソースレシピをベースに、より現地化すべくアップデートした。LA市内の大手食品製造企業と提携し、所謂「金沢カレー」らしい特徴に忠実ながらも、より現地の消費者に受け入れられ易い風味に仕上げた。
【Champion’s Curry Long Beach】3768 Long Beach Blvd #106, Long Beach, CA 90807
【Champion’s Curry Little Tokyo】136 South Central Ave, Los Angeles, CA 90012
 

(外食.Biz)
2020年08月13日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る