外食ドットビズ

トピックス

おうち塚田農場、自慢の地鶏や料理で“我慢の夏休み”を応援!
「家飲み便」は対象商品が10%OFF、「産直便」は対象商品購入でワンモア地鶏

 エー・ピーカンパニーは、EC「おうち塚田農場」を通じ、“我慢の夏休み”を過ごしている人々を応援。リモート飲みにぴったりな「家飲み便」は、対象商品が8月14日まで10%オフに、産地から地鶏を直接届ける「産直便」は、対象商品を8月19日まで購入すると「みやざき地頭鶏 炭火焼」を1パックプレゼントする。
 コロナ禍により、大切なひとの健康を願って帰省を控える夏となった。元気な姿を見せる機会として、オンライン帰省やオンラインでの集まりを検討する動きもある。このような状況下、直接会えなくても、同じ料理を食べながら、楽しい時間を共にできるサービスが「家飲み便」。中食で培ったノウハウを活かし商品開発を行っている「家飲み便」は、居酒屋「塚田農場」の料理を冷蔵状態で届ける。レンジで温めて食べるタイミングが一番おいしくなるよう独自ノウハウで調理した料理は、その再現性の高さとコストパフォーマンスに、驚きのコメントも多く届いているという。お酒のアテとなる小皿料理はもちろん、子どもが喜ぶメニューも幅広くバランスよく取り揃えており、料理を準備する人の手間と悩みも解消する。
 また、日本で消費される鶏肉のうち、地鶏の占める割合はわずか1%ほどと言われている。「産直便」では、宮崎と鹿児島の「みやざき地頭鶏」と「黒さつま鶏」を扱っている。一般的な鶏肉は、50日程度の育成で出荷されるところ、同社の扱う地鶏は雄で120日、雌では150日の時間をかけてじっくりと育まれる。育成中の鶏たちは、自分の好きな場所で自由に駆け回り、のびのびと育つため、筋肉質かつコクのある脂を貯えており、しっかりした鶏骨からは、濃くうま味深いスープを抽出できる。今回、「みやざき地頭鶏」の炭火焼と、濃厚な鶏骨スープも味わえる「黒さつま鶏」のしゃぶしゃぶを一度に楽しめる「地鶏しゃぶしゃぶ・生つくね鍋&みやざき地頭鶏炭火焼セット」(5,000円/税込)を期間中に購入すると「みやざき地頭鶏 炭火焼」をさらに1パックプレゼントする。
 

(外食.Biz)
2020年08月12日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る