外食ドットビズ

トピックス

Airレジ ハンディ、来店客のスマホから注文できる「セルフオーダー」開始
ニューノーマル(新常態)に即した安心・安全なお店づくりの実現をサポート!

 リクルートが運営するオーダーエントリーシステム「Airレジ ハンディ」は、来店客のスマホからいつでもカンタンに注文できる「セルフオーダー」機能の提供を7月30日より開始した。
 「Airレジ ハンディ」は、注文・調理・配膳をカンタンにするオーダーエントリーシステム。iPod touchを利用してハンディを導入できるので、従来のPOSより低コストで利用できる。2018年4月よりサービスの提供を開始し、さまざまなジャンルの飲食店に導入されている。また、0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ「Airレジ」、0円からカンタンに利用できる集客と接客に効く予約台帳アプリの「レストランボード」と一緒に使うことで、来店者への配席、注文入力から注文送信、会計連携まで、紙の伝票では運用が大変だった業務を効率化し、来店者へのおもてなしの質を向上させることも期待できる。
 同社では、慢性化する飲食業界の労働力不足に伴い、「スタッフの数が足りず、お客様に呼ばれてもすぐに対応できない」「お待たせする時間が長くなり、入店をお断りすることがある」など、顧客満足度の低下や売上機会の損失が喫緊の課題となっていることより、その解消に向けた検討を進めてきた。また、新型コロナウイルス感染症の拡大により、「新しい生活様式」に沿ったガイドラインが作成されるなど、店舗では感染防止に対する自主的な取り組みが強く求められている。これを受けて、「対面注文による飛沫感染のリスクを軽減したい」「メニューブックなど物理的な接触機会をなくしたい」といった要望も増えており、ニューノーマル(新常態)に即した安心・安全なお店づくりの実現をサポートするため、「Airレジ ハンディ」に「セルフオーダー」機能を追加した。
 「セルフオーダー」は、お店が提示するQRコードを来店客に読み取ってもらうと、来店客のスマホから注文できるようになるストレスフリーな注文スタイル。特別なアプリのダウンロードや、事前の登録も不要。これにより、「何度店員を呼んでも来てくれない」「ずっと待たされている」等の不満がなくなり、顧客満足度アップにつながる。来店客が自身のスマホで欲しいタイミングにすぐ注文できるようになることから、機会損失が減り、客単価アップが期待できる。導入時のスタッフ教育が不要のため、接客の質を下げずに人件費を削減できる。接触機会を低減できるため、感染症対策としても有効といったメリットが考えられる。
Airレジ ハンディ:https://airregi.jp/handy/
 

(外食.Biz)
2020年07月31日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る