外食ドットビズ

トピックス

マルチ決済サービス「ぐるなびPay」、海外QRコード決済4ブランド追加導入
多様化するニーズに対応し、キャッシュレス化の促進および顧客の利便性を高める

 ぐるなびは、香港の「AlipayHK」、韓国の「Kakao Pay」、マレーシアの「Touch‘n Go eWallet」、シンガポールの「EZ-Link Wallet」の4ブランドを、マルチ決済サービス「ぐるなびPay」に導入。7月30日より申し込みを受け付け、加盟審査通過後に順次利用を開始していく。
 「ぐるなびPay」は、既に各種クレジットカード決済や国内および中国QRコード決済、電子マネー決済に対応し、ぐるなび加盟飲食店だけでなく、小売店やホテル・旅館、美容室等さまざまな業種においてスマートな会計を実現している。
 今回、4ブランドを追加することにより、店舗を訪れる国内外の顧客の多様化するニーズにさらに対応可能な決済手段となる他、加盟飲食店においては、同社が提供するネット予約や、予約台帳システム「ぐるなび台帳」、モバイルPOSシステム「ぐるなびPOS+(ポスタス)」と連携させ、予約から注文、決済までのスムーズなオペレーションと売上確認などの一元管理による業務効率化を目指す。
 同社は、今後も、多様化する決済手段に対応する利便性の高い決済サービスを提供し、顧客の利便性向上と集客や業務支援を中心とする店内ICT化に取り組んでいきたいとしている。
 

(外食.Biz)
2020年07月31日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る