外食ドットビズ

トピックス

サッポロ ホワイトベルグ、ITI主催のコンクールで最高ランク三ツ星を獲得
国内ビールテイスト初の快挙!「ダイヤモンド テイスト アワード」をあわせて受賞

 サッポロビールは、新ジャンル「サッポロ ホワイトベルグ」が、International Taste Institute(ITI=国際味覚審査機構)主催の世界的な食品コンクールにおいて、日本国内のビールテイスト製品では初となる「ダイヤモンド テイスト アワード」を受賞したと発表した。

 「サッポロ ホワイトベルグ」は、人気が高まっているベルギーのホワイトビールに着目して2014年に開発した商品で、ベルギー産麦芽と小麦麦芽に加え、上面発酵酵母を採用し、スパイスであるコリアンダーシード、オレンジピールを使用。「苦みの少ないフルーティーで爽やかな飲み口」「本格的な味わいながら手頃な価格」で若年層を中心に支持を得ている。
 今回、ITI主催の食品コンクールにおいて、中味が極めて優秀であると認められた商品のみに贈られる最高ランク「優秀味覚賞 三ツ星」を受賞。なお、「優秀味覚賞 三ツ星」の獲得は、発売した2014年から今年まで7年連続となり、過去10年間で、7回の「優秀味覚賞 三ツ星」を獲得した商品に送られる賞「ダイヤモンド テイスト アワード」をあわせて受賞した。
 

(外食.Biz)
2020年07月30日更新

最新ニュース

ページのトップへ戻る