外食ドットビズ

トピックス

サッポロ生ビール黒ラベル、「食」に特化したデザイン缶を栃木県と群馬県で発売
印象的なデザイン缶で両県の人々に親しみをもってもらい、地域密着のブランドを目指す

 サッポロビールは、『サッポロ生ビール黒ラベル「おいしさうまれる栃木デザイン缶」』と『サッポロ生ビール黒ラベル「おいしさあふれる群馬デザイン缶」』(各350ml缶)を、それぞれ栃木県内および群馬県内にて数量限定で7月28日に発売する。
 栃木県には、ビールの製造拠点である「サッポロビール 那須工場」、群馬県には、ビールの原料である麦芽および焼酎製品の製造拠点である「サッポロビール 群馬工場」があり、いずれも同社にゆかりのあるエリアである。今回、売上好調の「サッポロ生ビール黒ラベル」において、それぞれパッケージに、「栃木」、「群馬」の文字を大きく中央にあしらうとともに、栃木県の名産品「いちご」「かんぴょう」、群馬県の名産品「こんにゃく」「高原キャベツ」など、県特産の様々な旬の食材のイラスト描いた「食」に特化した印象的なデザイン缶を、隣接県で同時に発売することで、両県の人々に親しみをもってもらい、地域密着のブランドを目指すとしている。
 

(外食.Biz)
2020年07月28日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る