外食ドットビズ

トピックス

「ヱビスビール」「ヱビス プレミアムブラック」を台湾の飲食店でも!
日本で誕生して130年のプレミアムビールが台湾でも新たな歴史を作る

 サッポロビールは、台湾にて、「ヱビスビール」(350ml/500ml缶・10L樽)及び「ヱビス プレミアムブラック」(10L樽)の販売を7月17日より順次開始すると発表した。
 台湾では輸入プレミアムビール、特に日本ブランド製品の人気が近年高まっており、ユーザーに支持されている。今回、従来から販売している「サッポロ・プレミアム・ビール」に加え、スーパープレミアムカテゴリーの位置付けとして「ヱビスビール」を発売し、台湾における同社のプレゼンス向上を図る。
 「ヱビスビール」は、「世界で一番おいしいビールを日本でつくる」という志のもと、1890年2月25日に販売を開始以来、その味と技術を磨き続け、日本のビール史を牽引してきた。同社では、この大切に育ててきた「ヱビス」ブランドを、台湾市場でも多くの人に楽しんでもらえるよう、積極的に販売促進をすすめていくとしている。
 

(外食.Biz)
2020年07月14日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る