外食ドットビズ

トピックス

ワタミ、オゾンによる店内消毒と実施後の店内PCR検査の実施へ
新型コロナウイルス99%不活化が確認されたオゾンで店内消毒を首都圏全店舗にて

 ワタミは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況や緊急事態宣言の発令等を受け、臨時休業としていた全国の直営店について、緊急事態宣言の解除や各自治体のロードマップに基づき段階的に営業を再開してきた。そして、7月より全店舗の営業を再開するのに合わせ、安心して利用してもらうために、店内の感染予防対策の強化を図り、オゾンによる店内消毒の定期実施ならびに消毒実施後の店内PCR検査の実施を、既に営業を再開している店舗も含めた首都圏の直営全店舗にて導入を決定した。
 同社では、7月より全店舗で営業を再開するにあたり、安心して利用してもらえる店舗環境を整えるため、客席・キッチンを含めた店内全体の徹底した消毒対策を施す方法を検討した結果、オゾンによる店舗消毒の実施を決定。また、消毒の実施後、消毒の効果を確認するため、来店客が必ず手を触れる複数の箇所から検体を採取しPCR検査を実施する。
 オゾンは、大気中にある物質で強い殺菌力、消臭力、脱臭力があり塩素に変わる殺菌物質として注目を集めている。 公立大学法人奈良県立医科大学による研究によれば、世界で初めて60分のオゾンによる消毒で新型コロナウイルスの99%不活化が確認されている。オゾンによる消毒は、次亜塩素酸水やアルコールと異なり、液体でなく気体で行うものとなるため、店舗内の手の届かないところまで消毒することが可能。残留性がなく高い殺菌力があるため、消毒後、安心して利用してもらえる。
 

(外食.Biz)
2020年07月07日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る