外食ドットビズ

トピックス

サッポロビール、国産の希少ホップ「ソラチエース」の生産量拡大を開始
「サッポロ SORACHI1984」を国産の「ソラチエース」100%使用への挑戦

 サッポロビールは、「サッポロ SORACHI1984」における国産「ソラチエース」の使用量アップを目指し、「ソラチエース」の生産量拡大に向けた取り組みを開始した。
 同社では、昨年9月から北海道原料研究センターにおいて苗の増殖に着手し、今年6月29日には北海道上富良野町にある生産者の畑にて苗の植え付けを始めた。2021年から収穫を開始し、2022年には450kg程度の収穫を予定している。
 「ソラチエース」は、同社が1984年に品種登録し、今や世界的に有名となったホップ。「サッポロ SORACHI1984」は、米国産と一部国産の「ソラチエース」のみを使ったビールで、「王道だけど個性的な味わい」に加え、「ソラチエース」の持つストーリーに、多くのユーザーから共感を得ている。『日本生まれのホップだからこそ、日本の生産者が育てた「ソラチエース」を使ったビールを作りたい』という想いから、今回、国産の「ソラチエース」を100%使用した「サッポロ SORACHI1984」という夢への一歩を踏み出した。
 同社グループでは、サステナビリティ方針「大地と、ともに、原点から、笑顔づくりを。」を掲げている。大麦とホップの両方を「育種」し、「協働契約栽培」している世界で唯一のビール会社として、「ソラチエース」の国内生産量拡大をきっかけに、ホップ生産者、そして、ホップを栽培している地域と共に、将来にわたって国産ホップを使ったビールが楽しめる世界を次世代にも残していきたいとしている。
「ソラチエース」の歴史:https://www.youtube.com/watch?v=vpJtIRjkTrY&feature=youtu.be
 

(外食.Biz)
2020年07月02日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る