外食ドットビズ

トピックス

ワタミ、中食需要拡大に対応!自社デリバリーサービス「ワタミデリバリー」開始
から揚げの天才&bb.qオリーブチキンカフェ、手数料を抑え、より低価格での利用を可能に

 ワタミは、新型コロナウイルス感染症の影響により、新しい食のライフスタイルとして中食需要が拡大するのに対応すべく、自社のデリバリー戦略として「ワタミデリバリー」を立ち上げ、7月1日より順次事業を開始する。
 新型コロナウイルス感染症の影響による生活者のライフスタイル変容は顕著で、「から揚げの天才」のテイクアウト比率は実に90%にも上る。また、「bb.qオリーブチキンカフェ」では、3月以降デリバリーによる売上高の伸びが大きく、5月のデリバリー売上高は、3月までの月間売上高の2倍を記録するなど、顕著な伸びを見せている。
 「ワタミデリバリー」は、同社グループが展開する外食事業の中でも特に中食需要の高い、「から揚げの天才」並びに「bb.qオリーブチキンカフェ」の2業態を対象に、自社でデリバリー事業を行うもの。7月1日より「から揚げの天才 大鳥居店」、「bb.qオリーブチキンカフェ 大鳥居店」の2店舗を皮切りに、順次対象店舗を拡大していく予定だ。
 「ワタミデリバリー」では、デリバリー手数料を1,500円まで注文の場合で350円、1,501~3,000円で200円、3,001円以上は無料という3段階で設定。これにより、これまで外部サービスの活用により展開してきたデリバリーサービスよりも、大幅に価格を抑え提供できるようになる。また、自社でデリバリー事業を賄うことで、店舗側が手数料を支払う必要もなくなることから、特に本格フランチャイズ展開を図っている「から揚げの天才」においては、FC側もデリバリーサービス展開する上でメリットを享受できる取り組みとなる。
 なお、「ワタミデリバリー」の対象業態の一つでもある、揚げたてから揚げとテリー伊藤こだわりの玉子焼き「から揚げの天才」は、中食需要の高まりを受けて、店舗展開をさらに加速し、本格化したFC展開を背景に、2021年3月末までに100店舗の出店を予定している。
 

(外食.Biz)
2020年07月01日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る