外食ドットビズ

トピックス

バカルディ、「リッテンハウス ライ ボトルドインボンド」が最高金賞を受賞
TWSC2020にて、「バカルディ エイト」と「パトロン アネホ」も金賞を受賞

 バカルディ・ジャパンは、今年で2回目の開催となる国内屈指のウイスキー&スピリッツの品評会「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC) 2020」において、同社が輸入し、サッポロビールが販売するアメリカンウイスキーの「リッテンハウス ライ ボトルドインボンド」が応募商品427点の中から12の商品にしか与えられない最高賞である最高金賞を、また、8年熟成ダークラム「バカルディ エイト」が2年連続の金賞、ウルトラプレミアムテキーラ「パトロン アネホ」が初の金賞を受賞したと発表した。
 TWSCは、全国の名バーテンダー、マスター・オブ・ウイスキー、ウイスキー講師、スピリッツの輸入・販売・製造業関係者、業界誌記者などから選任された百数十名の審査員がブラインドテイスティングで審査するスピリッツの品評会で、日本人の繊細な味覚や深い知識、情熱をもって、高品質なウイスキー・スピリッツを選び、広めることを目的としている。
 最高金賞を受賞した「リッテンハウス ライ ボトルドインボンド」は、「ボトルドインボンド」の表記が許された正統派ライ・ウイスキー。ライ・ウイスキーらしいスパイシーさがあり、カクテルの女王といわれる「マンハッタン」にも最適。現在国内では業務用に限定して出荷しているが、今回の受賞を記念してサッポロビールネットショップ「KANPAI+」で8月頃に販売する予定だ。
 また、「バカルディ エイト」は、創業者ドン・ファクンド・バカルディが家族のためにブレンドした特別なレシピを再現し、8年以上アメリカンオーク樽で熟成したラムだけをブレンドした、プレミアムエイジドラム。TWSCでは2019年に引き続き2年連続金賞受賞という快挙を達成した。そして、オーク樽の上品な風味、スムースで個性的な味わいがベストバランスの「パトロン アネホ」は、アメリカンオーク樽等で約12~14ヶ月以上熟成した原酒をブレンド。熟成に由来する独自の風味と長い余韻が特徴のウルトラプレミアムテキーラ。

(外食.Biz)
2020年06月29日更新

最新ニュース

関連ニュース

ページのトップへ戻る